おうちづくり

ニトリで解決!プロテインをすっきり収納する方法とは?

ダイエットやボディメイクにハマるにつれて、だんだん増えてくるプロテイン。

我が家では、プロテインやEAAなどの粉末がどんどん増えて、見苦しいことに...

そこでニトリの収納グッズを使って、ごちゃごちゃとしている粉末類の収納を見直してみました。

ニトリで完結!プロテインをスッキリ収納するためのグッズ

プロテインやEAAなどを購入時の袋に入れたままにしておくと、生活感が丸出しになってしまう...

そんな悩みを解決できる方法を模索したところ、ニトリで最適なアイテムに出会いました。

① 保存容器 Easyレバーキャニスター(L-3400)

プロテイン用の保存容器としておすすめしたいのが、ニトリのEasyレバーキャニスター

このキャニスターの魅力は、以下の2点です。

おすすめポイント

  • ふた上部のレバーを倒すだけで密閉できる
  • 同じサイズのキャニスターをスタッキングできる

レバーを倒すとふたがしっかりと閉まります。確実に密閉できるため、いちいち「ちゃんと閉まっているかな?」と気にする必要がありません。

またプロテインの種類が増えても、同じサイズのキャニスターに保存すると、スタッキング収納が可能。プロテインの収納スペースを節約したい人に、おすすめです。

ワンポイント

味や分量などをメモしたマスキングテープをキャニスターに貼り付けると、いざプロテインを飲むときに迷わないので便利ですよ。

キャニスターの容量はどれくらいが適切か

ニトリのEasyレバーキャニスターの場合、1kgのプロテインを収納するには、3400mlの容量がぴったりでした。

ちなみに、プロテイン100gあたりの容積を量ってみたところ...

約300mlでした。

※プロテインの種類によって、容積が異なる場合もあります。

つまりプロテイン1kgの場合、3000mlという計算になりますね。

このようにして、プロテインの容積の目安を計算して、適切な容量の保存容器を選ぶと良いでしょう。

さらに、密閉時に蓋の位置が下がることや、スプーンを入れることを考慮して、少し余裕のある容量を選ぶことをおすすめします。

② 乾燥剤 珪藻土フラワーS 2個セット(ホワイト)

プロテインを湿気から守るためには、乾燥剤が必要です。

そこで、ニトリで可愛らしい乾燥剤を発見したので、購入しました。

珪藻土で作られたこの乾燥剤は、吸湿・速乾性に優れています。

また、繰り返し使える点も嬉しいポイント。

キャニスターに新しいプロテインを入れ替えるときに、引き続き同じ乾燥剤を利用できますよ。

ワンポイント

電子レンジ(500W)で2〜3分温めてから、投入してくださいね。

プロテインを保存容器に収納するときの注意点

プロテインをすっきりと収納できて、便利なEasyレバーキャニスター。

いざ使用してみると、注意すべきポイントがあることに気づきました。

洗った後、乾くまでに時間がかかる

丸洗いができる、ニトリのEasyレバーキャニスター。パッキンも着脱可能なため、ふたを隅々まで洗えます。

ただしふたを洗うと、内部に水が入り込んでしまうため、なかなか乾きません。

中途半端に乾いた状態でプロテインを移し替えると、プロテインが湿ってしまう恐れがあります。

そのため、プロテインを移し替える前日までに容器を洗って、しっかりと乾かすことをおすすめします。

移し替えるときにプロテインがこぼれやすい

「さあ、プロテインを移し替えよう!」と容器にプロテイン袋の口を入れて、袋を傾けると...

袋から勢いよくプロテインが飛び出し、容器の周りにまで飛び散ってしまいました。そして、あたり一面プロテインだらけに...

最初は計量カップでプロテインをすくって移し替えた方が、無難です。

残りが半分以下になったところで、袋から直接容器に移すと、プロテインがこぼれにくいですよ。

落とすと容器本体が割れてしまう

うっかり保存容器を落としてしまったところ...

ふたは開きませんでしたが、本体部分が割れてプロテインがこぼれてしまいました。

Easyレバーキャニスターの本体部分は、衝撃に耐えられるほどの強度はありません

くれぐれも、落とさないように注意してくださいね。

プロテインは保存容器での収納が断然おすすめ!その理由は...

そもそもプロテインを保存容器で収納すべき理由は、見た目や収納の問題だけではありません。

プロテインの品質を安全に保つためには、保存容器での保管は必須。

保存容器での収納をおすすめする理由は以下の3つです。

ダニや細菌の繁殖を防げる

保存容器で密封状態で保存すると、ダニや細菌の繁殖を防げます

ほんのわずかな隙間からでも入り込んでしまう、ダニや細菌。

特に栄養豊富のプロテインは、ダニや細菌の格好の餌食となりやすいのです。

しかし市販のプロテインは、ジッパーで開閉できる袋に入っているものが大半。

ジッパーの場合は、しっかりと閉じたつもりでも、隙間が空いてしまっていることがあります。そもそも袋の作りが甘くて、しっかりと密閉できないことも。

その点、保存容器に入れると、確実に密封させられるので安心です。

注意点

ダニや細菌の繁殖を徹底的に防ぎたいなら、乾燥剤を入れたり冷蔵庫で保管したりしましょう

というのも、ダニは高温多湿の環境を好むからです。特に夏場は湿度が高くなるため、特に注意が必要。

なお、冷蔵庫保存後は、常温保存に戻さないようにしましょう。プロテインが変質しやすくなります。

プロテインを取り出しやすい

開閉部が大きく空いた容器にプロテインを収納すると、プロテインを取り出しやすいです。

一方で購入時の袋の場合、プロテインを取り出しにくい点が難点。

手を袋の奥まで入れなければならプロテインを取り出せないため、プロテインが手にくっついてしまいます。

しかし保存容器なら、開閉部にゆとりがあり、奥行きもありません。

そのため、手にプロテインがくっつきにくいですよ。

残量がわかりやすい

透明の保存容器にプロテインを入れると、残量が一目でわかります

袋に入れたままだと、残量が減っているのに気づけないことも。

残量がわずかになって、慌てて新しいプロテインを注文した経験が何度かありました。

しかし保存容器なら、プロテインを飲むたびに残量をしっかりと把握できるため、ストックを切らさずにプロテインを飲み続けることができますよ。

プロテインを美しく収納してモチベーションを維持しよう

プロテインを保存容器に収納すると、見た目がスッキリするのはもちろん、ダニや細菌の繁殖を防いだり、使い勝手が良くなったりと様々なメリットがあります。

台所に無造作にそびえ立つプロテインを目にして、うんざりするのはもう終わりにしませんか?

ニトリの保存容器・乾燥剤を利用すると、毎日快適にプロテインを飲めますよ。

継続的にダイエットやボディメイクを目指すためには、環境を整えることが大切。

プロテインの収納を見直して、モチベーションを維持しましょう。

よく読まれている記事

1

ダイエットにもバルクアップにも欠かせない、卵。 質の良いタンパク質を豊富に含んだ、素晴らしい食品です。 1個あたりのタンパク質含有量は約6.2gで、アミノ酸スコアは100。 さらに卵には、ビタミンCと ...

2

鶏肉は高タンパク・低糖質・低脂質の三拍子が揃った素晴らしい食材。 ダイエット中は、鶏肉メインの食生活をされている方もいらっしゃると思います。 ですが鶏肉を食べ続けている方、そろそろ鶏肉に飽きませんか? ...

3

「ダイエット中だけど、無性にパンケーキを食べたくてたまらない...!」 そんな切実な願いを叶える、パンケーキがあるのをご存知ですか? Fine Lab(ファインラボ)のプロテインパンケーキなら、ダイエ ...

-おうちづくり

Copyright© みさログ✖ダイエット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.